« さぶっ | トップページ | メンタル面? »

来年度予算案

来年度予算案が発表されました。
安部内閣初の大仕事?
大まかな印象は
賛成    税収増による国債発行額の減少
            公共事業費3.4%削減

反対    定率減税の撤廃で一般家庭の負担増   
            一般歳出、少子高齢化対策費増のため
            6100億円の増額

てな感じでしょうか。
国債発行額を減らすのは大賛成、でもまだ80兆円強
の歳出のうち国際返済費は20兆円以上です。
いったい、いつになったら借金は減るのやら。

少子高齢化対策関連費の増額で歳出が増えていたら
この国の歳出は減ることは無いでしょう。
出費の総額を減らさなければいけないのだから、これを
増やすなら何かを減らして何が何でも帳尻を合わせる
という発想は出てこないのでしょうか。
今年はたまたま税収増があったから良いものの、常に
最悪を考えて試算するということは、お役人様には出来
ないようです。

一般企業はギリギリの努力をして利益を出している
ところも少なくないはず。
企業と、福祉など利益を生まない部分を多く含む国家の
会計は同じには出来ませんが、詰めるところはまだまだ
あるはずです。お役人様にこそトヨタ方式を体験して
いただきたいですね。

減税が無くなり、次にくるのは消費税率のアップでしょう。
社会主義国家ではないので国が私たち一般庶民にして
くれることは僅かです。
昭和時代のようにみんなが中流以上に潤うということはなさそうです。
将来に備えてコツコツ頑張るしか無さそうですね(π0π)

|

« さぶっ | トップページ | メンタル面? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47548/4618540

この記事へのトラックバック一覧です: 来年度予算案:

» 具体的な取引方法 [eワラント初心者が勝つ為のeワラント入門]
eワラントは「満期日に権利行使価格と対象株価の差額を受け取る権利をもった証券」です。例えば、いま現在の株価が220円の銘柄を持っていると仮定します。 [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 02時49分

« さぶっ | トップページ | メンタル面? »